操体法とは

げんき操体法

「操体法」とは根本的な体の構造や仕組みを考えて骨格や筋肉の運動などに着目した体の動かし方の総称です。
当店では、この操体法を取り入れ全ての人に元気になっていただきたいという考えから「げんき操体法」と名付けました。
一般的な運動や体操との大きな違いは、人間としての最も自然な体の動きと、生活習慣によって生じる不自然な体の動きを見極め歪みのない体を保つことが操体法です。
この「操体」は実技的な狭い意味だけではなく、極めて奥深い原理原則の一部分です。

sotaiho01

基本的に人の体は余程の事情がない限り生まれつき健康で生きられるようにつくられています。
そして、ふだんは何の気なしに日々を過ごしていても誰もが「食べる」「呼吸する」「動く」「考える」という4つの行動をしています。
これらは他の人が変わってできるものでもありませんし、これらのどれを欠いても生きてゆけません。
しかも、これらは身体の中で互いに相関連しあっています。

そういった基本的な事から逸脱した事をすれば全体が歪み、崩れるといった考え方が操体法です。
誰もが備えているこうした「生き方の自然法則」を「食・息・動・想」同時相関の体系と考え楽になる姿勢や環境で生活をしていただくことを重きを置きお客様の体を健康体へと導くのが「げんき操体法」です。

コンセプト

sotaiho02

人が本来持っている自然治癒力を目覚めさせ、楽な体の状態を目指すのが当店のコンセプトです。
例えば普段の私生活の中の姿勢でもできるだけ体が楽になるように、それでいて健康な状態になるようにアドバイスします。
姿勢を正しくするには、辛い姿勢を保つ必要があると考える人もいますが、当店では「楽な姿勢」で健康な状態へ導きます。
我慢する必要がないので、仕事などの効率も上がりますし、腰痛や肩こりがひどく薬に頼っている人は薬を摂取する必要がなくなります。
また操体法のやり方を教えご自分で体の改善ができるように指導しています。

操体法のテクニックや考え方を覚えてもらうことでご自分の体を改善するだけでなく身近な人や困っている人の体を楽な状態へ導くこともできるようになります。